LAKE TROLLERS FISHING REPORT

丸沼 釣行レポート
reported by Ted松田

2016年7月9日
(土)
天候: 雨

 6月末の7年ぶりの銀山釣行がノーフィッシュだったことから悶々とした日々を送っていたが、空き時間が出来たので、ぼうすストレス解消と山上湖の美しい景色を見るため丸沼へ。

 天気予報は低気圧発生のため生憎の雨だったが、釣りにはちょうど良いと前向きに捉えて、受付を済ませて6時半に出船。

 雨の丸沼 
 
 
 ほどよい風と穏やかな雨で湖面が荒れない程度に波打ち、ライズも頻繁に見られてなんとも釣れそうな雰囲気。

 水温は19度。取りあえず4−6色で探ることにする。

左舷は真木ミノST90金黒。右舷のもう1本は銀山ぼうずをさっさと忘れるため、とりあえず1尾釣っておきましょうルアーシェルスター4pで、湖のやや左サイドを2本出しで開始。
 開始早々カニの鼻を抜け、エラ沢に入ったところでシェルではなく、
ST90にヒレピンのスティールヘッド約40pがいきなりヒット。

 これで銀山の悪夢が出船後10分程度で解消ヾ(o´o)ノワァーィ

ランディングが終わり、再び湖奥に船を進めるとシェルスターに30p台の虹鱒が連続ヒット。

 スチールヘッド 連続ヒット
 
 
 ここでシェルは真木ミノST110ワカサギ貝に変更してミノ攻めで大型を狙う。

前回6月上旬に来た時は、9時を過ぎると明らかに活性が落ちたが、雨の今日は9時過ぎてもコンスタントに釣れた。

 11時を過ぎるとさすがに活性は低くなったが、コツンコツンというのりきらない当たりはけっこうあった。

 ダムサイト                            スチールヘッドと真木ルアー   
 
 
  ヒレピンの40over スチールヘッド 
 

 今日は午後2時までしか時間がなかったので、後半はイワナ狙いで攻めたが、ルアー2個ロストして午後2時に納竿となった。
 釣果は12(最大スティール45p)だった。

 雨の釣行はコンスタントに釣れる
   
 リップレスミノーでのヒット
 

 この他にボート際でバラシた3尾もあり、コンスタントな当たりも頻繁で、こんな日に夕方まで釣りが出来なかったのは悔やまれるが、前回の銀山ノーフィッシュストレスは完全に解消された丸沼釣行となった。

雨にけむる丸沼・環湖荘の駐車場と前庭
   以上