LAKE TROLLERS FISHING REPORT

中禅寺湖 釣行レポート
reported by Shioya

2016年7月29日

天候: 晴れ
釣果: レイクトラウト60up×2、ブラウントラウト45×1

 真木SLJ130SSワカサギTリップ付(上)&SLJ180SSウグイ剥製
 
 ジョイントルアー(SLJシリーズ)の実釣テストのため、早朝の約4時間のみ、中禅寺湖釣行した。
 画像のとおり、ビッグミノーのジョイント版で、画像上の130にはリップ付きでの試釣りをし、下の180SSは、既に猪苗代湖のモンスター岩魚や中禅寺湖でルアーごと引きちぎられた等、ビッグなヒット情報が続いている期待の新ルアーの試釣りである。
 4時レークオカジンを出船し、桟橋沖合いから左に舵をきり、本ツガ手前で、リップを付け動きがさらに機敏になった130SSに、いきなりレイクトラウト60アップがヒットした。
4時15分、SLJ130SSにレイクトラウトで60UP 
 
  レイクトラウト60とSLJ130SSワカサギTリップ付
 

 真っ暗な画像でわかりづらいが、ジョイントルアーのフックがムネビレ等にささり、さらにラインが体に巻き、日頃シングルフック使用を主とする小生としてはハリ外しにやや苦労した。
 180SSはこの日は残念ながらアタリはなかったが、約3.5キロの速力で水深15m付近のタナを曳いた感じでは、ジョイントボディから繰り出すクネクネアクションと他に類をみない超ヘビー級(100g超)の質感・存在感は、いづれどこかで誰かがメーターレイクをいつか仕留める予感を感じた。
 ジョイント試釣後は、リップレスミノーで国道沿いのボトムを狙い、レイクトラウト約63をゲットした。

 レイクトラウト 63cm 真木ZERO110 
   
 同レイクトラウト   男体山 
   
 フランス沖を最後に流し、ブラウントラウト約45cmを真木ZERO110で釣り、短い時間だったが3尾のそれぞれの釣果に手ごたえを感じ納竿した
ブラウントラウトのヒット
ZERO110とブラウントラウト
男体山をバックに90yd出しMHロッドがしなる
 往年の名ロッド「ハーディ・ザテンテン」の100y出し
 
 以上