LAKE TROLLERS FISHING REPORT

         2016年4月16日(土) 芦ノ湖
           Reported by テディ・G・石山

天気:晴れ
メンバー:kigan勝又&テディ・G・石山
釣果:kigan勝又:ニジマス×1尾 :コーホーサーモン×1尾 :ヒメマス×1尾
   テディ・G・石山:サクラマス×1尾(全長46cm、叉長45.5cm) :ブラウン×1尾 コーホーサーモン×1尾
ルアー:kiganワカサギ70mm・120mm kigan自作アワビスプーン 井上自作夜光貝スプーン

日ノ出前 湖面に景色が染まる無風の芦ノ湖 
 

 解禁一ヶ月近く多くの達人がサクラを狙って坊主をくらった例年とは異なる今季、釣行に向け毎日各ボート屋の情報をチェックし入念に作戦を練るK勝又。
 四月に入り徐々に達人の釣果も確認できたので、春の花咲く芦ノ湖に、今季初トローリングに行ってきました。

  朝陽
 

 日の出前、湖面に景色が染まる無風の芦ノ湖。ボート屋にて情報を仕入れるK勝又、今回の作戦に一致する情報と自信を持ってAM5:15出船、天気は晴朗、士気は高い。
 ポイントに入りすぐにK勝又にヒット...『サクラか!?』「あっ!!跳ねたよー...ニジだ...」 しかし、船中初めの一本はやはり嬉しい、上がったニジマスは思わずサクラマスと見間違う銀ピカのヒレピン。

 銀ピカのヒレピン 虹鱒
 
  再度魚影を感じるこのポイントを根気よく丹念にトレースを繰り返す。三往復目、操船を代わり重量感のあるTG石山が、若干船を傾けながらポイントに入る。(笑)
「良いラインに入ったねー」とK勝又に言われ慎重に岸とのバランスをとりつつ船を進めると「石山君サクラだ!!」
 岸からの目を朝日に向けると逆光でも分かる竿のすばやい当たり具合。初めの当たりの瞬間を逃した私は興奮するK勝又とは逆に、状況が分からないまま竿を取りドラグを整え巻く。
 巻き始めすぐにテンションがゆるむ「こっち向かってきてる!!」K勝又の声に一気に巻くが魚の突進に追い付けない。リーダーになってやっと追い付いたがすでにボートの手前、がっちり針がかかっているのを確認したK勝又がランディング、船体に入った魚を見てまだ状況を飲み込めず「サクラですか!?」と思わず聞いてしまった。そんな初めての芦ノ湖サクラマスとのやりとでした。

 46cmの見事な芦ノ湖サクラマス  
 
 
初芦ノ湖サクラマスを釣りあげたテディ石山
Kiganルアーとテディ
 それからぱったりと当たりがなくなり昼前にポイント休めを兼ねて対岸へ。
そこで私とK勝又がほのぼのサイズのコーホーサーモンを追加。気持ちを取り戻し春の陽気に睡魔と闘いながら午前中のポイントを流す。
 岸釣りがいないのを確認して突端ギリギリを攻める...が、攻めすぎてしまい急激に水深が浅くなりあわててラインを回収するも根がかってしまう。『あーあ...』と思いながら巻く...あれっ!?巻ける、引く、そして釣り上げたのは朱点が綺麗なブラウントラウト。早巻きアクションが効いたのであろう。(笑)
 朱点が綺麗なブラントラウト  イケス
   
 夕間詰め、帰りがけにK勝又がヒメマスをゲット。時間になり納竿。
 桟橋に戻りボート屋のHPに乗せて頂けるとのことでサクラマスと撮影、その後コーヒーを頂き情報交換。話を伺っていると、達人が苦戦する中、今回は違う攻め方をしたビギナーの私の感が上手くサクラの鼻先を通したのかなと思いました。
 そして、トローリングを初めてから必ず一発目にかかる井上氏作のルアー、そこから釣果を増やすkiganルアー。信じたルアーを使っている結果が今回の釣果に繋がったと思います。
次回は私の自作ルアーで釣れるようにルアー制作をしていきたいと思います。

クーラーBox
 
ーkigan勝又食レポートー
テディ・G・石山が『サクラの魚拓を取ってください。僕一人で食べるのはもったいないです、ご家族でどうぞ。』と言ってくれたのでありがたくいただきました。
 この時期のサクラは一年のうちで一番味がいい。特に今年はどの魚も大量にワカサギを食べているので脂の乗り具合が非常によく全身臭みが全くない口当たりがひじょうにに滑らかなトロサーモンのようだった。ありがとう、ごちそうさまテディー。

 脂が乗ったサクラマスの刺身
   
 魚拓
 
                                      以上