LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2015年11月21日(土) 丸沼 
Reported  by  Shioya 

天気: 晴れときどき曇り
気温: 39℃、(水温約10℃)
釣果: 虹鱒 計3尾(Averageサイズ)

 3連休の初日、11月上旬に丸沼釣り大会が行われ、その際に放流された特大ブラウントラウトやレインボウの居残りに期待し、晩秋の「丸沼」に釣行した。

  丸沼 環湖荘
 
  湖畔の看板
   

 午前6時半の受付を済ませ、時前に出船!
 船着場沖から流しはじめたスプーンに、いきなり小型虹鱒がヒットしたので、活性ヨシ!と見込み、浅めのタナから攻めたが、その後のヒットが続かなかった。

 船着き場沖
 

 朝のうちは南風が強くさざ波が出て、コンディションとしては悪くないはずである。風下になった船着き場周辺を、重点的にエレキトロールしたが、何故か不発だ。
 作戦を変え、発電所からダムサイトの沖合いに船を移動し、深めのタナで夜光貝スプーンとリップ付ミノーで広範囲に探ってみた。
 
 発電所沖の一級ポイントで、40ydで曳くスプーンに比較的良いアタリがあったがノラズ・・・。
その後春先にブルックトラウト・45cmが釣れたダムサイトで、蛇行トロールさせダイナミックに探ってみたが今回はアタリがなかった。

 マズマ通し沖
 
 発電所 魚探の反応 
   

 11時、再び船着場沖にもどり、水深6〜8mのボトムすれすれをトローリングしてみると久々にヒット! パターンからして、ブラウントラウトまたは岩魚のヒットをイメージリトリーブし。それほど大きくない魚を丁寧に寄せると、湖面に現れたのは、30数センチの虹鱒だった。
 狙った魚と違っていたうえ、Averageサイズの虹鱒で一瞬がっかりしたが、SL55Fワカサギ夜行化貝でのクリーンヒットに、激シブが続いたなか多少スッキリした。
 

真木SL55Fで虹鱒がヒット
 全域をエレキでトローリング
   
スプーンで虹鱒
 船着き場への道は、台車を曳きやすく整備されていた(左)、流れ込みのフライマン(右)
   
 午後の部は14時前に出船し、午前中同様にいろいろなパターンでトローリングしてみたが、15時頃に小型スプーンで虹鱒を1尾追加したところで、「秋の陽はツルベ落し」の日没時間が刻々と迫ってきたため、真っ暗になる前に急いで竿をあげ、船着場に戻った。
あっという間に陽が傾き始めた
 船着き場に戻り、流れ込みのフライマンやエサ釣り師の様子を聞くと、そこそこ釣れている(サイズは平均的な虹鱒だが)ようで、例年のように放流魚が船着場周辺の一箇所に固まっていたようだ。
 本日は沖合いのサクラマス早引きにも反応がなく、巨大虹鱒やブラウンの顔も見れず、はなはだ心残りではあったが、駐車場でタックルを片付けている端から漆黒の闇が迫り、同時に気温が下がった(0.5℃)ため、湯ノ湖の日帰り温泉で暖まってから帰路に着いた。
 次回は12月に今期ラスト釣行の「芦ノ湖」、今度こそはデカイの釣ります!
虹鱒釣果と釣師
晩秋の丸沼
 
以上