LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2015年7月25日(土) 中禅寺湖 西側特別解禁 釣行レポート 
Reported  by  Shioya 

天候:晴れ
水温:約19〜20℃(表層)
釣果:レイクトラウト×6尾(最大約60p)、ブラウントラウト×5尾(最大約62p)、計11尾
 完璧コンディションのBROWN TROUT 約60cm
 
 2年連続で中禅寺湖の西側禁漁区が特別解禁された。
前夜のうちに歌が浜入りし、午前4時、薄暗闇のなかをレークオカジン桟橋から一斉に船が出船した。
 東西に広い中禅寺湖では、禁漁区のポイントまでエンジン全開で約30分所要する。
4時前、レークオカジン桟橋で出船時間を待つ
   
 特別解禁の船釣券と、配布された西側禁漁区の案内図
   
 ポイント「三角」に一番乗りし、速攻でトローリングを開始したがイチ往復してもアタリがない。
昨年5月の特別解禁時と、今年の7月開催では、水温・気温等変化により魚の居つく場所・水深が変わっていたようだ。
 4:30、三角に一番乗り
 
 魚探を確かめながらアプローチ
   
 このため2往復目からより沖合の深場トローリングに航路修正してみると、まずはレイクトラウト約55pが真木ZEROUー110FBL (ホンマスML・銀箔・夜光貝)でさい先良く釣れた。
 初ヒットは、レイクトラウト約50cm、ヒットルアーは真木ZEROU110
   
 その後もポイントを通過する度にヒットし、2尾目はマッチョなブラウントラウト約56p、その後再びレイクトラウト約55pと、次々に魚がヒットした。
 ブラウントラウト約56cm、ヒットルアーはまたも真木ZEROU110
   
 
 
 この日の表層水温は約20℃あり、冷水性のトラウトをイケスに入れると即弱ってしまうため、基本はイケスを使わず、船側で写真撮影後リリースした。
レークオカジン 配船ボード
 5:50、普段は(通常区では)、華厳ノ滝付近から上がる朝陽だが、西側禁漁区では、男体山の山頂付近からの陽が登った。御神体の山からの御来光は神々しいばかりであった。
 朝陽  赤岩トロール
   
5:50、男体山のうえから日ノ出(通常区では見ることができないアングル)
 朝陽が上がった後も三角でコンスタントに魚がヒットした。
レイクトラウト 約48cm
   
ブラウントラウト 約57cm
   
  トロール船が混み合ってきた7:45頃、「三角」沖カクレ根先の水深30m付近を、真木ZERO-110FBL(ヒメマス・腹オレ 夜光貝)が通過させた頃、とんでもないアタリが来た!!
ロッドホルダーにセットしたabu7500番リールから、90ヤードにセットしたラインが「ギュイーン」とドラグを鳴らして出て行った。
 MHロッドを手に持ち、即リトリーブを開始したが、ゴンゴンゴン…と抵抗する超ヘビーな魚は簡単には巻けない。 ときおり船を止めながら、70ヤードまでリトリーブしたが、そこからの抵抗は60ヤードまで巻いて出ていき、その繰り返し…とまた凄かった。
周囲の船は小船を避けて操船してくれているようだ。
 ゆっくりと慎重にポンピングを繰り返し、約10分かけ残り50ヤードまで到達した。
ジワジワとではあるが、少しづつ魚が寄ってくる感触を感じながら、対峙していたその時、プツン…と軽くなった。
 抵抗がなくなったラインを巻き取ると、ルアー手前のラインが一部ギザギザになっていて前記ルアーごと魚に持っていかれていた。
 手に残った感触から (支笏湖の元日本記録ブラウン=13.55kg/93.5cmや、中禅寺湖レイクトラウト約12kg・100cmとの比較)、少なくとも10kg、場合によっては15kg位の重量と感じた。
 逃した大魚はロストしたルアーとともにとても残念だったが、気をとりなおしてトローリングを再開し、12時で7匹を釣りあげた。
 漁協監視船  ブラウン4尾目
   
 精悍な顔つきのブラウントラウト約55cm
 
冠岩トロール 
 
 千手ケ浜 南西最奥部
 
 千手ケ浜トロール
 
 船上ランチブレイクは、夜光貝スプーンと真木ZERO-70FBL(ワカサギU・夜光貝)を装着したロッドを、沖合100ydで流しトローリングしながら取った。
 食事中も、「ジュン」と一瞬でラインを引きずり出した良いヒットがあり、ZERO70でブラウントラウト約60pが釣れ、その後も夜光貝スプーンでこの日最大となったブラウントラウト62pがヒットした。
 釣れたブラウントラウトはどれも綺麗で精 悍で体高があり、まん丸に太ったとても良い状態の魚ばかりであった。
 今年の特別解禁は、真夏ということもあり、超冷水性のレイクトラウトよりも、活動水域がやや広いブラウントラウトの方が良く釣れた。
 ZERO70に来たブラウントラウト60オーバー
   
 船計測後、即リリース
 
 13:30、再び「三角」に戻ってみたが、相変わらず船が多く、ライントラブルしそうなので、最後の約1時間は、最奥の「千手ケ浜」を見ながら、冠石から俵石にかけトローリングした。
 「千手ケ浜」ポイントは、3本の川が流れ込んでいて水温が低めで、湖周囲に道路がなく静寂なうえ、日光白根山やいつもと見る角度が異なる男体山が綺麗であった。
 日光白根山方面
 
 このポイントはエリアが広いため、他船と干渉するリスクが低くストレスがない実に良い釣り場である。 
 男体山
 
 白岩 
   
 レイクトラウトを追加で数尾釣り上げ、15時、漁協パトロール船が到達しタイムオーバーとなった。
 俵石トロール
 
 通常解禁エリアに戻り、金谷ワンドで小休止後、国道沿いをトロールするとダルマ石周辺で、ワカサギの大きなボイルが魚探に映り、その後ブラウントラウトとレイクラウトがほぼダブルで釣れた。ルアーは、SL−55SBL&55FBL(ワカサギT&U・ML・銀箔・夜光貝)だ。
 その後も大崎で良い同じルアーにアタリがあったが、残念ながら乗らなかった。
フランス沖までもどり、制限時間までその周辺をトローリングして帰ろうと思ったが、ジギング船?と思わしき釣り船が陣取っていてコースが取りづらかったので、いち往復だけして納竿した。
 通常区でブラウントラウト
   
 中禅寺湖の禁漁区は、2006年6月4日に特別解禁されて以来、昨年5月27日まで8年間封印されていたが、今年は昨年に続き2年連続で解禁されることになった。
 東日本大震災の影響による放射能汚染で、依然としてキャッチ&リリースが続く中禅寺湖では、魚を持ち帰れないこともありヒメマス釣り漁師を中心に釣り人の数が激減していて、ホンマス最盛期の6月の週末でもレンタルボートに空きが出るほどである。
 中禅寺湖漁協では特別解禁ルールを昨年から一部見直し改善を加え、魚が自然産卵する貴重な禁漁区を連続解禁することによる集客効果と理解を集め、早期の規制解除を模索しており、中禅寺漁協各位の必至の努力と懸命な奮闘が伺われた。
 中禅寺湖 を愛するアングラーとして、今後も優先して修行の湖に通いたいものである。
 特別解禁終盤 山側トロールとヒットルアー群(下)
   
   
男体山をバックに
 
                                                       以上