LAKE TROLLERS FISHING REPORT
                  丸沼釣行レポート 
reported by A,Shioya
2014年11月22日(土)
天気:晴れ
気温:4〜12℃
釣果:5尾(全て虹鱒、最大約50p)
晩秋の丸沼
 晩秋の丸沼に釣行した。
 例年、11月中〜下旬の丸沼釣行は、気温がマイナス5℃位まで冷え込む(11月下旬釣行時の過去最低気温はマイナス9℃)が、今年の勤労感謝の日の3連休は暖かい南風の陽気に恵まれ、朝6時の最低気温がプラス4℃(前深夜、駐車場に着いた時はマイナス2℃だったが)、日中は10℃を超えるという、丸沼の11月としては異例のポカポカ陽気となった。
環湖荘の雄姿 湖畔の看板
真木5.5cmミノーと虹鱒
 
 天候が見方してく れたので、「魚の活性が上がって爆釣!」のイメージで6時半に出船した。
開始後は、30〜40分に1尾程度でコンスタントに虹鱒が釣れ、ヒットルアーは、小型ミノーと夜光貝スプーンである。
 ミノーは、開始早々は6pと7pミノーを使用してみたが、30分程度アタリがなかったため、真木SL55Sワカサギ夜光貝にサイズダウンしたところ、いきなりアベレージサイズではあるが虹鱒が連続ヒットした。
 しかし8時頃からべた凪になりアタリが遠のいたため、バッテリー温存を兼ね、牛舎跡や今夏スチールヘッド・54pが釣れた「マズメ通し」付近でのキャスティングに切り替えた。
 
アベレージサイズの虹鱒 SL55Sと虹鱒
  この日は金精峠が、前週の積雪によるチェーン規制がかかっていたため、湖畔の国道を走る車の数が極端に少なく、いつものオートバイや車の騒音がほとんど無い。このため静寂の湖で、集中して気持ちよくルアーキャストすることができた。
 牛舎跡のダケカンバ林
 
 「マズメ通し」で30分位ルアーを投げたところで、バッセル7gスプーンのテンカウントからのリトリーブで、突然「ゴン!」という良いアタリがきた。
 静寂の湖面を割って、背びれから水音をあげてボートに寄ってきた魚は、50オーバーの虹鱒だった。
しかし船側で写真撮影しようとデジカメを構えた直後、豪快な首降りによりフックオフ・・・、しかもランディングネットにルアーが絡み、ネットが傾いたスキに魚はネットから逃走!。どのみちキャッチアンドリリースする予定だったが、記録画像がとれずに残念であった。
 発電所   使用した真木ルアー
   
 暖かな昼休憩を駐車場でとり、車で昼寝後、14時から午後の部を再開した。
午後の部は、そよ風がでて良い感じに思えたが、何故か魚の活性があがらず?!、時折ポイントで船を止め、キャステイングを交え16時半まで粘ったが、結局ノーヒットで納竿することとなった。
 湖面はベタ凪
 
 
「秋の日は釣瓶落とし」、秋は日が暮れるのが早いため、船着き場に戻ってから大急ぎで荷物を運搬し片づけを始めた。

しかしそれでも釣道具を車に積載している最中に、文字どおり「釣瓶(ツルベ )が井戸の中にストンと落ちていく」ように、あっという間まに暮れた。
西日が当たるエラ沢
 
  ダムサイト 夕日が沈むと釣瓶落し 
   
 丸沼では11月最初の3連休に釣大会が開催され、大型魚放流を実施したこともあってか、大会後に78pの虹鱒が釣れるなど、引き続き魚影・サイズ・魚種ともに申し分なし!の良い湖である。
 当日はたままた大きな魚を釣り上げることはできなかったが、50オーバーの虹鱒のファイトをボート際まで引き寄せ、それなりに楽しむことができた。
 これから丸沼は寒くて長い冬季禁漁期間に入る。来春、氷が解け水が温んだ頃に再び釣行し、大志を抱いて大物を釣り上げたいものです。
丸沼の虹鱒と真木SL55Sルアー
 

以上