LAKE TROLLERS FISHING REPORT
                  丸沼釣行レポート
Reported by  A Shioya
釣行日 2014年10月11日(土)
天候 晴れ
気温 5℃〜15℃
釣果 虹鱒 7尾(最大約40p)
錦秋の美しい丸沼に、約2か月ブリに釣行した。
錦秋の丸沼
 3連休の初日とあって、駐車場は夜中のうちにほぼ満杯になり、朝6時半の受付時には多くの釣り人が釣り券を求め湖畔亭前に並んでいてた。
 女性アングラーの姿が目立ったが、大自然に繰り出す勇ましい女性アングラーの登場は、アウトドアと釣り業界活性のため歓迎である。
 この日の丸沼は、手漕ぎボート数が 足りなくなり、若手従業員が緊急で船庫から運び出す賑わいだった。
湖畔亭の釣券購入の行列 リヤカー
 前週の台風18号に続き、この週末にも襲来(この時点で進路不明)の可能性がある台風19号に備え、大尻沼への放水を連続的に行い丸沼の水位いを人為的に下げているため、エレキ一式の運搬距離は相当遠ったが、先ごろ導入されたアルミ式リアカーのおかげで、比較的ラクに運搬することができ助かった。
流込み沖からトローリング開始!
 
 7時前に出船し、流れ込み沖からエレキトローリングを開始すると、早々から虹鱒約40弱が幸先良くヒット! ヒットルアーは、かつて銀山湖で岩魚53センチを仕留めた真木ST70ワカサギ夜光貝の名ルアーだ。棚は2色のため、直ぐにリトリーブが完了し、元気いっぱいの虹鱒を船側で 写真撮影しリリースした。
 
湖面は穏やかだ ST70ワカサギと虹鱒
  その後、タラワンド〜発電所に向かう沖合で、同ルアーの4色でほぼ同サイズの虹鱒をゲット!  湖面は微風さざ波の状態でまずまずのコンディション…と思われたが、その後8時を過ぎると凪になり苦戦した。
 紅葉が始まったエラ沢
 
 ルアーをリップなしの5〜6pにサイズダウンし、トローリングしたがなかなかヒットしない。
3本目で出している小型スプーンを装着したロッドでは、散発的にチビ虹鱒が2〜3釣れるので活性はそう悪くないハズだが、フィッシングプレッシャーの高さかと思われる。
 タラワンドの紅葉   使用した真木ルアー
   
 狙いをサクラマス・ヤマメ系に変更し、アルティマ80を左右ロッドにW装着し、湖センター〜ダムサイト〜マズメ通しにかけ4〜6色・ エレキ最速の早曳きトローリングを試みた。
 狙いは悪くないハズだが、たまたま強風が吹き始めたこともありヒットに恵まれなかった。
 昼前には、意外性を試行しビッグミノーのENB200早曳きもトライしたが、この頃から北の強風が吹き荒れ操船もままならない状態でノーヒット。
 しかし昼休み上陸前の流れ込み沖では、スプーンに虹鱒がヒットする等、放流魚がボート桟橋沖合の浅場に滞留しているようだ。
  減水で立枯木が目立つ立木ノ森
 
 紅葉が始まりかけた丸沼は、澄んだ空気と快晴の青空が気持よく、アウトドアランチと昼寝と日光白根山ロープーウェイ往復をエンジョイした。
 午後の部は、流込み沖の放流魚狙いのキャスティングも考えたが、岸からのアングラーが多く管理釣り場のような状態なので割愛し、再び 発電所沖合を中心にトローリングした。しかし結果はアベレージサイズの虹鱒が数尾釣れたのみで、期待の大物には出会えず納竿となった。
小型シェル系スプーンではチビ虹鱒が釣れる
 環湖荘の皆さんによると「このところ渋い状態が続いている」とのことであったが、丸沼にはネイティブ化した岩魚・山女・サクラマスが生息するうえ、定期放流も確実に実施しているようなので、丸沼禁漁となる11月末までにはもう一回トライしたいものである。

《postscript その1》
 あまりの快晴なので昼休憩を利用し、ロープーウェイで日光白根山の山頂駅まで足の伸ばしてみた。標高2000mの山頂駅前は「ロックガーデン」と命名された自然の岩石を整地したワイルドな庭が広がっていて、快晴の秋空にそびえる百名山の雄大な姿が実に良い。ロープーウェイでわずか15分(料金\2000)、労せずしてアルペンムードを味わえ最高!である。

http://www.marunuma.jp/attraction/ropeway/kouyou/
 ロープーウェイから見あげる快晴の日光白根山・標高2578mの雄姿
 
                         ↑ロープーウエイから丸沼の全景↑
 《postscript その2》
丸沼に戻ると、好天で3連休の環湖荘は、この秋一番のカキイレ時!?の様相だった。
環湖荘と湖畔亭の山女魚焼き

湖畔亭の釣果掲示板には、レイクトローラーズ佐藤ランディングマスター選手が、2年半前の2012年5月26日に見事釣り上げた、50cmのマッチョでネイティブなサクラマスの記念写真が現在も掲示されていた。

 佐藤ランディングマスターと見事なサクラマス with his family
 
黄金色の丸沼アプローチ

以上