LAKE TROLLERS FISHING REPORT

           【2014/3/15 芦ノ湖今期初釣行】
               reported by Kigan勝又


日時:2014/3/15

メンバー:kigan勝又、井上アングラー

天候:曇り時折粉雪、希に晴れ間が覗く
気温:0℃(出船時)、水温:5.5℃(箱根湾)

釣果:9/ヒメマス×3、コーホーサーモン×5、ニジマス(40UP)×1

 待ちに待った芦ノ湖解禁日。
だが、2月末にギックリ腰になり断念。「今期は暖かくなってからにしようかな」と思っていたら『勝又さん、良型(45cm)のブラウンがオカッパリでとれました!!』
とレバーンチームのカイト君からの報告。
 もういても立ってもいられません。
針治療に通いつめ、最近多忙の井上アングラーを誘い、どうにかこうにかの今季初釣行となった。
 

早朝の箱根湾 未明の降雪でうっすらと雪化粧
 3/15(土)朝の気温0°C無風、つい先ほどまで雪が降っていたようで一面真っ白。この時期には珍しいほど釣り人がいない。
 630出船。箱根湾の水温5.5℃、ニジマスの活動ほぼ停止水温、放流ニジはマズかからない。
 今期もサクラマスにターゲットを絞り、打ち合わせ通りに攻める。と、すぐにヒメマス、コーホーサーモンが釣れた。
 二人ともボウズを逃れた後、さらに徹底したサクラマスシフトに切り替え恒例の寒さと沈黙との戦いに突入・・。

ボート桟橋も積雪 山のホテル〜元箱根
 昼過ぎ、陽が差し込み水温がわずかに上がったのか二人の竿に立て続けにコーホーサーモン&ヒメマスがHIT
ポイント、棚、速度を調整しサクラマスを狙い続けるが、本命のアタリは・・。

 『キター!』井上アングラーの竿先がグッと入り込んだ!本日最大のヒキ!
『ネット用意して!』
『慎重に行け!何色だ!?』
太陽の光を受けが銀色に輝いた!
『サクラか?』
『いや、ちょっと赤かった?』
『なんだニジか〜』 と最後は強引に引き上げた。
(野生化したヒレピンに近いニジマス40cmUP。)
と同時に勝又竿にもコーホーサーモンがかかっていた。

1500、最後渾身の気力を振り絞ってサクラマスに挑むが、また次回に持ち越し。

野生化した虹鱒 イケス
 とにかく今年の芦ノ湖は水温が低すぎて魚の動きが鈍すぎるようです。
本番はこれからですね

トローリング風景 本日の釣果
ヒメマスの刺身 Good taste♪
 
2014/3/1 カイトの報告より】by Kaito Hikita
 解禁日に陸っぱりは初でしたが、ワンキャスト目でブラウン釣れちゃいました!
イメージは出来てたので実行したら成功です。気持ち良かった〜(涙)

 am7:00から8:00までの間に3尾のブラウン。どれも45cm
 ヒットルアーはダイワのクルセイダー(シルバー)。
シャローを速巻でギュンギュン追いかけてくる。
更にテンションかけるとしっかり喰ってきます。
私がいた場所はかなり岸際にブラウンがいたので、ウェーディングしたら横向いて岸ギリを攻めるのが攻略法でした。
ポイントによって棚とヒットルアーが違ったようです。
桟橋から沖に向かってロングキャストの場合はボトムだったみたい。これもブラウン。

 昼前後はさっぱり魚を感じなくなったので先程退散。
次は夜の部、運河シーバス狙いに行ってきます!!

ワンキャストできたブラウントラウト 45cm
以上