LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2012年12月28日 湘南海岸・シーバスFishing 

Reported  by 奥ねずみ男

釣行者    :    ねずみ男奥、遊作常夫、章平
釣行日 : 2012年12月28日 15:00〜18:30
天気          :          小雨
場所        : 湘南海岸 辻堂付近流れ込み
釣果:スズキ 77cm♀(章平)、74cm♀(ねずみ男)、ボラ多数
ヒットルアー : 16cmミノー(金系)、12cmミノー(金系)

シーバス77&74p
 年末28日の夕方、初めてのシーバスフィッシィングに行って来ました。
場所は、我が家からすぐ南の湘南海岸辻堂付近の流れ込みです。
この辺はチャリで10分、江ノ島位まででも30分と手軽に釣りに行けるので
とっても楽ちんです。
釣場付近の湘南海岸
 義兄・甥と3人で、ちょうど箱根駅伝の3区で街中から海岸沿いの道に出た辺りの辻
堂海岸の流れ込みでキャスティングしてきました。
 ここは、流れ込みにボラの大群が波打ち際まで大量に寄ってくる場所らしく、本当に
数千匹は居るであろうと思われるほど群れており、それを狙ってスズキなどが回遊し
てくる絶好の場所であり、そこでミノーを投げまくりました。
 それだけボラが居ると、ミノーを引いているだけでボラにごんごん当って、ボラはル
アーには食いついて来ませんが、すれでたまに掛かるので30〜50cmのボラだと結構引
きが強いので十分楽しめました。
 でも「こんな波打ち際の浅場にスズキが本当に来るのか?」と思いながら投げていま
したが、水面をよーく観察してると、たまにボラが逃げ惑ってるような場面が見受け
られ、「これはスズキが入ってきたんだ?!」と思いその辺りに投げていると、今ま
でとは違うアタリで、バットから竿をぶん曲げる引きが!
ラインはPEが20ポンド、リーダーが8ポンドだったので、うまく波に乗せて引き寄せ
てくると、明らかにボラのヒレとは違うピンとした尾ビレが見えたので、慎重に砂浜
に引き上げてみると初のスズキであった。それも結構大きい。

ねずみ男と初シーバス!
 義兄と甥も寄って来て、「初めてでスズキが釣れたなんてラッキーです♪」
と、興奮気味。
 初めてきた私に先に釣られて、地元で昔から釣っている甥としてはスイッチが入った
らしく、それからモクモクと投げ始め、面目躍如、
私より大きなスズキをその後釣り上げました。
 結局、帰ってから測ったところ、
私のは74cm、3キロ。
甥のは77cm、4.6キロ。
甥のは私のと3cmしか違わなかったのに重さは1.5倍もある大物シーバスでした。
 義兄に捌いてもらい、刺身等をご近所にもお裾分けし、
刺身も焼き物も美味しく食べることが出来ました。
 これからは、海釣りにもハマりそうでーーーす。
夏のビーチのサーフィン教室

《参考データ》
スズキ目・スズキ科・スズキ属のシーバス
日本各地の沿岸に分布する日本近海の固有種で、
河川下流域から岩礁域を中心とした内湾・沿岸域までの幅広い水域で見られる。
産卵期は冬。

日本にスズキ科魚類は3種生息し、本種の特徴は、尾柄部が細くて長く、吻も長い。
また、背鰭軟条は12〜14本である。また、幼魚には黒色斑が出現することがある。
「出世魚」として有名で、関東ではセイゴ→フッコ→スズキ、
関西ではセイゴ→ハネ→スズキ、
というように成長段階を経るごとに呼び名が変わる。
美味しい魚で刺身や寿司、塩焼きのような和風の調理方法以外にも、
ムニエルやカルパッチョといった洋風の調理方法で賞味される。

以上