LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2013年6月16日(日) 猪苗代湖釣行 

Reported  by  Shioya 

天候: 曇りときどき晴れ
気温: 18℃〜25℃位
釣果: 5尾(うち岩魚1尾(57p)、サクラマス3尾、山女魚1尾)

 梅雨入り真っ盛り&トップシーズンの日曜日、週末の釣行時間が確保できたため、
急きょM'Sボート携帯に電話し8号艇ゲットのうえ、今シーズン初の猪苗代湖に釣行した。

長瀬川流込み沖からトローリング開始
  猪苗代湖釣行は、一昨年は猛暑の灼熱地獄、昨年は大雨・大波に見舞われるなど、シーズン1〜2回アングラーの小生にとっては、なかなか良いコンディションに恵まれない。
 周囲を山に囲まれた標高500mの猪苗代湖では、天気予報が晴れでも雨がふり、予報が雨でも晴れになることがしばしばで、加えて本邦4番目の湖面積を誇る広さのため、風が吹いたら荒海と化し、釣困難どころか命の危険に晒される事もあるなど、天候運が釣果に大きく影響する。
 
 7時のスタート後、エンジン全開で長瀬川流れ込みに移動し(所要約20分)、ビッグミノーでのトローリングから開始した。
 約30分後、ウグイがヒットし、ついで狙いのサクラマスがヒット(50Yd/スレ掛り)した。
ビッグミノーを流す
上 真木ENB200ヒメマス銀箔
下 真木ENB200ウグイ生皮
20cmミノーにヒットしたサクラマス
 釣果はあったもののその後のビッグミノーへの反応がイマイチなため、ボトム狙いに変更し、ルアーをリップレスミノーに交換した。
 天神浜沖から長浜沖にかけ、湖底を意識したトローリングで攻めると、SLV120姫にソコソコのアタリがあり、釣り方的(10m以深・90yd)に岩魚を想定したが、取り込み中のファイトが明らかに異なった。
 水面に上がってきたのは、約40cmの綺麗な形のサクラマスであったが、あんなボトムを遊泳していたのか?!と感心した。

ボトム狙いのミノーに切り替え
上 真木SLV120姫・夜光貝
下 真木ゼロ110オイカワ婚姻・夜光貝
SLV120姫とサクラマス
SLV120姫とサクラマス約40cm、撮影後即リリース
Angler ヒットポイント付近

10時近くなると、気温が急上昇し暑くなってきたが、空は「曇りベースで波穏か」という良い状況が続いた。
 同ポイントを集中的に流していると、グラスロッドを大〜きく絞り込む良いアタリがあった。
 絶好のランディングコンディションのなか、残り10yd付近から湖底に突進する魚との攻防をエンジョイしながら、無事ネットイン!
 釣れたのは、精悍な顔つきで尻尾ピンピンのネイティグ岩魚で、見た目は60オーバーあったが、細身のため計測すると57cmだった。

見た目60オーバーのピンシャン岩魚 真木ゼロU100ホンマスマジョーラ夜光貝ルミナスベリー
桟橋にて、大岩魚とAngler
精悍な顔構えの岩魚♂
計測 岩魚とAnglerその2
  同ポイントでは、さらに2回岩魚らしきアタリがあったが、リトリーブ中にバレてしまった。
 その後は高気温になったせいかヒットが遠のいたため、翁島口の桟橋に係留し、トイレ休憩と岩魚撮影をした後、岩魚が釣れたポイントまで船で戻ってリリースした。
 午後からは、翁島西側ワンド内〜中田浜にむけトローリングしたが、湖底変化が著しく操船に苦慮する。
翁島口桟橋 翁島
流れ込み Bassアングラー

午後1時を回ると薄日ではあるが、逃げ場のない船上のデッキ温度は高く暑さがました。
ヒットも途絶えたため、中田浜マリーナに立ち寄り情報収集し、アドバイスに基き中田浜ワンドからM'Sボートの桟橋まで、16時の納竿に間に合うよう所々でトローリングしながら戻った。
 砂浜の先の原川流込み沖で、この日最後となる山女魚がバッセルフェザーブレード8.8gにヒットした。
 自らの魚体の1/3位の大きさのルアーに、果敢にアタックしてくる美しい山女魚は、この湖の豊かさとコンディションの良さを象徴している。

カメの遊覧船 中田浜マリーナ
 本日の終ヒットは、バッセル・フェザーブレードに山女魚
 オマケ:水上バイク オマケ:水上スキー
 オマケ:猪苗代湖は水上スポーツが盛んである。この日も翁島〜長浜で水上バイクの大会が行われるなど、天神浜から中田浜にかけては、水上スキー、ヨットなど、リッチな水上スポーツを楽しむ光景が随所で見られた。中禅寺湖や銀山湖にはない優雅な世界を、トローリングしながら見物できるのも、猪苗代釣行の楽しみのヒトツだ。
以上