LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2013年6月14日 猪苗代湖釣行 

Reported  by  Tsubaki 

 いろいろ年明けより多忙でようやく今年最初の釣行となりました。
今回は真木さんより紹介いただいた、゛中田浜マリーナ゛さんを利用させていただくことにしました。
 午前6時前に゛中田浜マリーナ゛さんに到着、その前に近くのコンビニで食糧、飲み物などを調達。
 ガソリンスタンドも隣にあり、マリーナの比較的近くにあり便利です。
マリーナのトローリング係のY氏が、間もなく到着、親切に最近の情報を教えていただけます。
 昨日は、スプーンごとラインをぶっちぎっていった大物のアタックもあったとのこと。
心がはやります。

中田浜ナリーナ 猪苗代湖

 7時ジャストに出船、私とY氏と持ち込みボートの方と三隻が出船のようです。
私は、朝一はインレットの水深20mから30mを攻めることに、今日は、期待の真木ミノーの新型ENBU150 ウグイ婚姻ベントモデル、それとST130本ます青貝マジョラスベリーでスタートです。
 昨年のヒットルアーENB200ヒメマスがリップロストのため修理中で残念です。
7色からスタート、天気予報は午前中は晴れ、午後より曇りから雨の予報ですが、どんどん良くなってゆきます。梅雨になってからも雨が少なくコンディションもあまりよくないため、小雨程度のほうが良いと期待していたのですが・・・・・・・期待に反してスタート後も反応はありません。5色にしてみたり、10色にしてみたりしますが、ノーアタリが続きます。
当日、別ボート店で開催していた゛トローリングスクール゛の船もすれ違いますが、あまり状態はよくないようです。

 昼近くになってもアタリはなく、どんどん天気だけよくなってゆき、熱さとの我慢比べになってきます。
 正午になって、仕方なくアタリの期待できる、東岸のマンション前の水深15m〜20mのポイントでずる曳きをするべく場所移動しました。ずる曳きポイントでは実績のあるSlゼロオイカワ夜光貝11cm、SL−V11cmで曳き始めると、直ぐに魚探に反応が出てきます。
 直ぐにアタリがあり、゛ヒット゛やや軽いと思った らやはり゛ウグイ゛です。
15mのとひろにベイトの反応は結構あり、アタリがあるものの、ヒットするのはウグイです。
 そのうち、40cm近い大物、それも腹がパンパンのウグイもヒット。
スノーシェルター前までに五本のウグイをヒット、嫌気がさしてきますが、気をとりなおして風上に戻りゆやや深めを流してみても、本命はヒットしません。
風も南東の風がやや強く、コンディションも悪くなる一方です。

 早上がりされたY氏との情報交換しますが、やはり朝方バタバタ来てからもう一つの様子。
朝方は浅場を5色程度で曳いて、40cmクラスを何匹か取られたとのこと。
午後3時になり、東南の風も弱まりまわりの船も見えなくなったところで、何となく釣れそうな雰囲気になってきました。

 再度朝のインレットのポイントが良くなると思い、フルスロットルで場所移動、ルアーをENBU150ウグイ婚姻ベントモデル、ST130 青貝マジョラスベリーに戻します。
風上から、遠浅の先の急深になる゛壁゛際を10色プラスバッキングで流します。
インレットに差し掛かるところで、魚探に反応。
そろそろかと思い、壁側を流しているENBU150のロッドを注視しています。
暫くして反対側のロッドを見ると、大きく曲がってST−130のほうに ゛ヒット゛です。

 これは完全にイワナのそこそこの型だと思い、船を沖に向け、片方のロッドを大急ぎで巻き取ります。巻き終わってヒ ットしたロッドを持ってみると、ゴンゴン頭を振っているので、無理に10色を巻き上げるより、ギアをバックにして゛寄ってゆく゛ことにします。
ラインが緩まないように近づき、引き上げるとミノーを咥えた゛イワナ゛が上がってきますが゛型゛は予想以下のサイズでやや゛かっかり゛でした、しかし狙い通り真木ミノーにアタックしてくれた貴重なネイティブイワナですので、慎重に取り込み゛記念撮影゛を終えざっとメジャーで50cm半ばを確認してリリースし ました。

真木ミノーST130にヒットした岩魚
50オーバーの岩魚
綺麗な魚体のネイティブ岩魚
 再度、風上より同じポイントを流しますが、ノーヒットで時間切れとなりました。
結局イワナ1本だけで、新作のENBUにはヒットしませんでしたが、ST130で狙い通りヒットし納得した一日でした。

以上