LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2013年4月21日 銀山湖 解禁釣行 

Reported  by  鴨田レイクトローラー 

天  気 : ずっと雪
気  温 : 0〜4℃位
釣  果   9尾(岩魚×8、サクラマス×1)
アングラー: 打越ひげCaqptain、鴨田CrewMember


今年の銀山解禁日は、雪雪雪
 今回は岩魚、桜鱒の大物が潜む銀山湖へ行ってきました。
事前の天気予報で解禁日が一番寒いとなっていた為、準備はしていたものの予想を裏切らない寒さと前日夜から続く雪で初挑戦の私としては「大丈夫なんだろうか?」と心配になります。
 
ぬかるんだ湖岸を歩き、朝430出船です。

     
本流から流し始めた 雪に煙るダムサイト
 いざ船を出してみると、寒いながらも良い雰囲気があり釣れそうな気がしてきます。
そして5時45分、すっかり気分も冷え込んだ中、待望の本日初ヒット。
 初銀山湖&初トローリングの鴨田のミノー(8.5cm、背中オレンジ・ホワイト)に岩魚君が食いついてきました。
 この綺麗な魚体を見るとここまで来た甲斐があったと雪で凍った気持ちも癒されます。 

降雪に耐える打越ヒゲCaptain(上)と、岩魚ヒット&リーリング!(下)
 船を進める事30分、6時15分、今度は打越さんにアタリが来ました。
40UPの良い魚です。そして、その後も40UPを追加していきます。
どの魚もバランスのとれた体型、ビシッと伸びたヒレをもっており、銀山湖の環境の良さを感じられます。。

 また、打越さんに釣り上げられ魚はあっという間に生簀に入れられ、その手際は職業漁師を見ている様です。大間のマグロがすぐにベストな保存処置をされる様をテレビで見たことを思い出します。

氷点下・雪・極寒の白板沖 雪にけむる本流出合(神社沖)
 1日を振り返ると、一時間に1匹ペースで釣れ、14時に桟橋に戻るまでに40〜45cmの岩魚5匹、35cm前後の岩魚3匹、27cm桜鱒1匹(小さいながらも鴨田初サクラ)の合計9匹の釣果となりました。 
 釣れたポイントはダムを正面にして右の山側、2m位までの浅めの層です。
また、岩魚については8匹中5匹がミノー(8.5cm、13cm・白系統)、3匹がスプーン(7.5cm・赤金・12g前後)桜鱒は同様のスプーンです。

南沢 鴨田Crew with 岩魚&サクラマス
 本日はずっと雪が降ってはいましたが、1日を通して釣れた為、寒さに耐える→釣れて元気が出る→耐える→釣れる…の繰り返しになりました。
 桟橋から駐車場までの帰りの湖岸徒歩が気がかりでしたが、たまたま雪上車に乗せてもらえ、温泉まで入ってから帰れたのが本当にラッキーでした。
鴨田CrewMember with Nice岩魚、「寒かったけど大満足っす!」
《打越ひげCaptainコメント》
 桟橋は過去最長タイの遠さで、雪の歩きは1時間強。天気は過去最悪。でもずっと岩魚が釣れていた良い釣行でした。ヒットポイントは、南沢から白板を通ってダムサイトの手前、ヒットのタナは1〜2色、ルアーはバッセルとブラウニー!と、僕のお得意パターン(決してワンパターンではありません)、これだから解禁の銀山はやめられません!。帰りは伝ノ助オヤジさんの雪上車に乗せてもらい、超ラッキーでした。おやじさんありがとーゴザイマス。
以上