LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2013年4月20日 中禅寺湖 船解禁釣行 

Reported  by  Shioya
 

天候:曇りのち小雪
気温:−3℃〜5
釣果:レイクトラウト6(最大60p他)、ヒメマス5

解禁日の八丁出島
 待望の中禅寺湖の2013年船釣りが、4月20日解禁した。
昨年に続き、放射能汚染の影響でキャッチ&リリースや釣り時間制限など、何かと条件付きではあるが、例年どおり4/209/19期間で解放されたことは、中禅寺湖トラウト釣りファンにとってこの上ない喜びである。
レーク岡甚 大尻
レイクトローラーと日光白根山(6番)
 解禁日は、真木ハンドメイドルアーズ真木さんと同船し、5時の花火の合図で出船!
例年であれば、
100隻近い船が豪快なエンジン和音を山々に轟かせる迫力シーンとなるが、C&R条件の今年はヒメトロ船が極端に少なく、船屋情報によると本日出船は約30隻程度と、過去にない静かな解禁となった。

 比較的大きめのルアーでスタートし釣り始めて約
1時間、前日比-10℃という強烈な冷込みのためヒットが少なく、ヒットしても乗りきれずバラシ…というパターンが何回か続いた。
 しかし曇の合間から太陽光線が時々さしかかった
6時過ぎからは、レイクトラウト45pを皮きりに、30分に1本のペースでレイクトラウトがヒット&ゲットした!

今季初レイクトラウト 船上でアバウト計測後即リリース
ランディングシーン
 この日は昨年解禁に続き、NHK宇都宮放送局の取材があった。
3本目のレイクトラウトの取込み中にバズーカ砲のようなマイクとカメラの射程距離内に捕えられ、魚をバラスことなく無事ランディングできた模様が当夜のニュースで放映されたようだ。
 
NHKでは原発の影響を受け、条件付き解禁を試行している中禅寺湖の姿を、解禁当日の首都圏ネットワーク645で放送。
 NHKホームページ参照↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130420/k10014059311000.html

湖上取材中のNHK宇都宮放送局

 解禁日につき、8pミノーから最大16.5pミノーまでとっかえひっかえ使用してみたが、この日の一番ヒットは、11pミノー「ZERO110Fヒメマス夜光貝」だった。
 解禁日はFishingプレッシャーが低く、魚がいるポイントとタナに上手くルアーを流すことができれば、ほぼ確実にヒットに結びつけられるが、本日のコンディションでは1011pサイズへの反応がもっとも良かったようだ

真木ZERO110Fヒメマス夜光貝 同左ルアーとレイク
真木ZERO110とレクトラウト60cm
ZERO165FBL白蝶貝と110姫夜光貝

 所用により昼上がりとなった真木さんの下船時に、レークオカジンで情報収集すると、ヒメトロ船では、40cm超に成長した見事なヒメマスが、ダブルまたはトリプルヒットすることもあり数時間でヒメマス60尾超ゲットという、とんでもない釣果をあげているようだ。 
 ということで、午後の部はヒメマス他狙いで中〜小型スプーン系をメインに、湖を一周する形でトローリングし、山側・国道側の各ポイントで計5尾のヒメマスをゲットした。

八丁出島 上野島
大日岬 松ケ崎
松ケ崎で釣れたヒメマス(バッセル・フェザ-ブレード)
 松ケ崎から国道側へは、波・風が強かったため一旦ロッドをあげ、金谷ワンドのボートハウス前からトローリングを再開した。
金谷ボートハウス 13番岬
国道だるま石 大崎
大尻 観光船乗場

 大尻までもどり、再びレイク・ブラウントラウト狙いに切り替えたが、14時過ぎからミゾレと小雪が舞いはじめ、15時頃には船上が雪で白くなってきた。
 制限時間の18時まで釣りたいところだったが、いろは坂の積雪トラブルを考慮し、16時前に納竿し帰路に着いた。
(結果論ではあるが、この日夕方から路面積雪・チェーン規制となり、翌朝は約20cmの積雪となった。数年前にも同じような事があったが、早めの撤収は、春の釣の鉄則だ)

14時、空は雪雲に… 船上に小雪…
凍て付くABU7000BigGame) Angler

 トラウトの聖地中禅寺湖は、昨シーズンが7-8月のみ船解禁だった影響により魚へのプレッシャーが低く、湖全体で魚影が濃い。解禁日の急激で強烈な冷込みは、このところのポカポカ陽気から想定外だったが、5になり天候が安定してくると、再びエキサイティングな釣りが楽しめそうな今期の中禅寺湖である。
以上