LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2012年7月1日 中禅寺湖 C&R試行 船釣解禁 
   
Reported by Shioyia 

天  気 : 曇りのち雨
気  温 : 18℃、水温 約15℃
釣  果   レイクトラウト 10尾over(76p、60pオーバー×5尾他)
Lake Trout 76p
 放射性物質汚染で解禁延期となっていた中禅寺湖の船釣りが、7月1日よりキャッチ&リリース他条件付で解禁された。
 中禅寺湖漁協HP キャッチ&リリース案内 参照 ↓
 http://www.chuzenjiko.or.jp/boat_c&r.pdf
 漁協監視員配置問題等により、釣り時間は9時〜17時、解禁期間は7月1日〜8月31日までの限定解禁であり、諸々課題は残すものの、鱒族聖地での船釣りが解禁されたことに感謝すると同時に、この先何年かに渡り釣人のフィールドスタイルに影響を及ぼすこの度の原子力事故について改めて考えさせられた。
本日活躍した真木ルアー 上から SLV120姫(夜光貝)、(プロト)、ZERO110夜光貝
 待望の解禁日は、曇り、微風、気温17℃の最高のコンディションとなった。
午前9時、真木ハンドメイドルアーズ・真木さんとレークオカジン桟橋から出船し、まずはフランス大使館沖から、Bigミノーで今期初中禅寺トローリングを開始した。
しかし時間が悪ったのか、タナが違うのか、活性が悪いのか、1時間以上経過してもノーヒットの激シブ状態が続いた。
 風向きが西から東風に変った11時頃、ポイントとルアーをサイズダウンし(といっても、16cmから12cm)変えた直後にタブルヒット!
1尾はそのままトローリングしたためバレてしまったが、68cmのレイクトラウトは、SLV120姫夜光貝(2012モデル)で無事ランディング!
V120姫の絶妙な泳ぎと上質の夜光貝の輝きで、これまでアタックして来なかった魚が思わずルアーに喰らいついた感じだ。
 注:このルアーは、ご覧のとおりの迫力サイズと形状ゆえ、一見するとデカ過ぎて魚にプレッシャーを与えて釣れない?と思われがちだが、使う時期と場所を考慮し、2キロ以下の速力で魚の遊泳層を正確に流すことができれば、マッチョなスタイルから想像できないリズミカルな泳ぎと、夜光貝の輝きでほぼ間違いなくヒットに結びつけることが出来る。
Lake Trout 66p
 その後も、ポイント移動しながらゼロ65FBL・姫・夜光貝、ゼロ80FBL・公魚剥製仕様等で50cm級レイクを数本ゲットした。
トローリングしながらの船上ランチタイムを過ぎ(この間も60UPレイクトラウトを1本Get)、雨が降り出した午後になると、爆釣タイムに突入!した。
 とりわけ前述SLV120姫の泳ぎを、さらにキレ良く改造されたSLV120姫・夜光貝・プロトモデル(Ver2)は、流す度にヒット!というハナレ技を演じた。
しかも釣れた魚がほとんど60cmオーバーのレイクトラウトというモンスターキラーぶりだ。 
 そして仕上げは、ややスリムなゼロ110姫・夜光貝で、この日最大となる76cmのレイクトラウトをGet!した。
微風・さざ波の絶好コンディションのなか、約15分かけ数回のやりとりの後ランディングしたレイクトラウトは、ランディング後のイケス内ファイトでフック湾曲してしまう迫力だった。
 今回のC&R試行は釣り時間が17時までのため、いつもならこれから!という時間帯で調子が狂うが、所定時間内に帰桟し納竿した。
Lake Trout 76p

以上