LAKE TROLLERS FISHING REPORT


2012年7月21日 中禅寺湖C&R試行

reported by kigan勝又

 やっと時間が作れたので中禅寺湖に行くことができた。
AM7:30に中禅寺湖到着。大島商店で誓約書を記入し、遊魚券を購入。
そして歌が浜の駐車場でのんびり支度をする。
この時期こんなにこの駐車場が寂しいのは考えられない。
あたりまえだが、ボートのエンジン音は全く無い。
数人の釣り師たちと挨拶をし、レーク岡甚のヒロカズ氏とひとしきり話してもまだAM9:00にはならない。
あ〜またホンマスが跳ねた・・。と思いながら開始時間をまだかまだかと待ち続ける・・。
ちなみにこの時点の気温は9℃。霧が出てきた。

スタートの時を静かに待つ

 ようやく開始時間AM9:00になり、一斉にエンジンをかけ各々のポイントに出航。
ヒロカズ氏の話では、この日、湖上で10隻程度しか出船しないようだ。
我らは実績のある国道側の6番〜12番を攻めることに。
とにかく例年より釣行時間が7時間も少なくなるので、山側のポイントは捨てて掛かることにした。
さらには朝夕まづめ時を釣ることができないので、レイク、ブラウン狙いのズル引きオンリーで大物狙いにチャレンジ。
 ルアーは二人ともkigan150oを使用。流し始めてすぐにアタリがあるがなかなか乗らず。
とにかく魚が多い。6番付近はとにかくホンマスらしきが魚探にいっぱい写る。
数回アタッてくるが乗らなかったり、バレたりを繰り返す。
1
時間経ちようやく12番尾根周りで井上氏に40p強のレイクが掛かった(kigan120_ウグイ)。
その後しばらく12番尾根で粘るが釣れず・・。辺りは完全に濃霧で文字通り五里霧中、精神と時の部屋状態に。さらにお決まりの雨雨雨。

五里霧中… 修行の湖

12時になりこのポイントを諦め、フランス大使館前に移動。
勝又はBZを恐れ、ルアーサイズを120oに下げ再スタート。
何と魚探にはいままで見たことが無いほど魚の反応があった。
中層にはホンマス?、810mの底はブラウン?、1318mの底はレイク?特に15mあたりの湖底には沢山反応があった。

Kigan120と Lake Trout

PM1:00井上氏40p強のレイク(kigan120_ウグイ)。
その後すぐに勝又48pブラウン(kigan120_ヒメ)GET

Kigan120 と Brown Trout

相変わらずアタリは多いものの乗らず。井上氏はアタッてくるモノの正体を暴くためルアーのサイズを下げ流す。
と、とたんに40pクラスのレイクがしっかり掛かる(kigan90_ヒメ)。
やはりルアーサイズを下げるとチビレイクが掛かってしまうので、二人とも再度150oに変更。
なんとかモンスターまでもといかなくとも6070pクラスを取りたい・・。
ついに勝又のkigan150_ヒメをつけたロッドにアタリが!!・・だが、あがってきたのは45p前後のレイク・・。そしてタイムアップ。デカレイクは次回持ち越しに・・。

Brown Trout 48p 細身のLake Trout

今回釣れた魚は全てやせ細っていた。
レーク岡甚ヒロカズ氏いわく。

『中禅寺湖は釣り人があってこそ、そのバランスを保っている。今の状態はマスが多すぎる。つまり、餌不足で50p以下の魚は皆んな決まってやせている。例年この時期には何万尾の魚を釣り人が持ち帰っているんだよね。』
そんな話をしながら一匹一匹大事にリリースしてきました。

とてもいい湖です。
いつまでも釣りができるよう願いたいと思う。

日時:2012721

釣り人:kigan勝又/井上アングラー

釣行先:中禅寺湖

天気:濃霧時々雨

気温:9℃〜14

釣果:勝又/ブラウン48p・レイク45p

   井上/レイク403

ヒットルアー:kigan150ヒメ/kigan120ヒメ/kigan120ウグイ/kigan90ヒメ

棚:80~110yds

the end