LAKE TROLLERS FISHING REPORT

銀山湖 今期2度目の釣行レポート by 塩谷大物釣師

 釣行日 2009年5月9日

釣果 岩魚(43センチ)、ちびサクラマス他計5尾

天気 快晴 

風 微風 波 少

 今期2度目の銀山釣行は、前回と打って変わって「快晴」に恵まれた。

快晴の天気予報と、GW中の釣人がドッと銀山湖に繰り出したハイプレッシャで魚がややスレ気味…、との情報をもとに、今回は
早朝勝負!を決め奥只見湖に臨んだ。

トキは「満月」、地球上の生命体の活性がもっともあがる時期だ。

薄暗闇の中、ライトにパッキングした銀山タックルを船に積み込み(桟橋は遊覧船スロープ下で、タックル運搬は楽勝)、満月の
期待を胸に伝の助小屋桟橋をあとに湖に繰り出した。
 

本流出逢いまで伝の助ボートのエンジン全開で移動!


本流出逢い

(注:この日の船は、エンジン絶不調で、全速は遅く、アイドリング(低速)は早く、さらにプラグがカブリ気味で加速でエンストが
しばしば。日中は片貝出会い沖合でエンスト&漂流し、15分かけオールで馬の背までなんとか漕ぎつけ、エンジンフードを開け
機器点検。ばししの休憩後、手動スターター×地獄の50回引き=大汗で、スポポポポ…となんとかやっとエンジン再始動。

帰った後おやじさんに言ったら「前日にエンジン点検してもらったんだけどなぁ…、片貝から電話がこなくて良かったよぉ…、今度
また点検しとくから勘弁してくんろ…」とのこと
(_;)

 まずは神社下で岬周りをキャティングで攻め、魚の活性と流木・風向きをチェックした。

キャストでアタリがなかったため、その後流木が少ないことを確認し、前回大岩魚が釣れた南沢放水口方面に向けトローリング
を開始!

放水口前を2回まわったところで、20ヤードで流すLBN夜光貝・中島スプーンを装着したロッドが「グン!」とナイスに撓った。
ヒットしたLBN夜光貝

 

朝イチのヒットで幸先が良いが、この後想定される快晴ピーカンの厳しい釣り(実際そのようになった)を予想し、大ヒットではな
いが念のため船をとめ慎重に取り込んだ。

20ヤード出しのため、魚はすぐにボート際に寄ってきた。

ヒット直後はファイトが激しかったので一瞬サクラマス?かとも思ったが、リーダー以降の独特のクネクネ・アクションから岩魚を
確信し、ネット一発でランディングに成功した。


岩魚43cm

細身で重量が少ないため、さほど大きく感じない岩魚だが、ネット&イケスでみると、40pは楽にオーバーする美しくかつ貴重
な銀山の天然岩魚だった。

 その後は、放水口沖でちびサクラマスをゲットし(ヒットルアーは同じLBN夜光貝の20yd)たが、それ以降はサンサンと輝く太陽
に照らされ、気温も夏のように急上昇し、おまけに風もなくなってヒットが遠のいたままランチ休憩となり、ボートで爆睡&日焼け
後の午後の部も、トローリング=ノーヒットのまま納竿し、16時30分、帰桟した。

伝ノ助桟橋および銀山平Pで他の釣り人と情報交換すると、ほとんどの人は釣れてなかった(1尾orボーズなど)が、なかにはサ
クラマス60センチや岩魚50オーバーを釣ったツワモノもいて恐れ入った。
 

今年の銀山湖は、大物(特に岩魚)のアタリ年のようだ。
高速も暫定1000円だし、今年は銀山湖をもう少し攻めてみたいと思った。