LAKE TROLLERS FISHING REPORT
6/24 中禅寺湖 by 塩谷 敦

 天候: 晴れのち雨
 気温: 10〜20℃、水温: 約15℃
 釣果: レイクトラウト=60、59、50、47、45cm、ホンマス=42、2 2、21cm の合計=8尾


  入梅時期を狙って今期2度目の中禅寺に行ってきた。
今回はビルダー真木氏同船のもと、来期の新作「スネーク・ホンマスSP・姫・夜光貝(時速6〜7キロ台までの 安定スイムを実現した期待の極細モデル)」他新作ルアーの実釣テストを兼ねての釣行だ。
  レーク岡甚桟橋から、朝焼けが美しい湖面に船を快調にすべらせ、大物ホンマスと巨大レイクおよびモンスターブラウンをゲットする戦略(予定)で洋々と出船した。



  まずは本ツガ沖〜八丁付近を5キロの早引きでホンマスを狙った。ツガ岬沖の右大 回り中に「スネーク蝮・姫・夜光貝」にロッド・レイクトローラー(なんと言っても名前が良い)を豪快にぶん曲げる良いナイスなアタリがあったが(たぶんホンマス50絡み)、残念ながら1回のロッドの動きだけで魚がノってくれない。ちなみにこの日の中禅寺はハイプレッシャーのせいか、ヒット&ノラズの浅クイが目立ったため、対応策として器用なビルダー真木氏にフックシャープナーで針をスパスパに研いでもらった(笑)


 そうこうしているうちにサブロッドとして流したバッセル・フェザーブレードに20cm台小型ホンマスが釣れたが、ミノーにはなかなかヒットがなく、ビルダー真木氏ともどもバッセル・スプーンの底力を再確認&感心していた・・・、その時!真木「スネーク・姫・ホンマスSP・夜光貝」に ガツン!とマズマズのアタリがあり、Fenトロ-Mロッドをぎゅぎゅんと撓った。前記テストルアー待望の初ヒットゆえ慎重にランディングし、記念すべき42pの体高まずまずのホンマスを無事釣りあげた。


 静かな船上でビルダー真木氏と新作ルアー初釣果を祝し至福のトローリング・ブレックファーストをとった後、狙いをブラウン・レイクに切り替え、微風で凪模様の湖面 を低速でトローリングを再開した。

 結果は17時までにレイクトラウト=5尾をゲット(前述の浅食いでノラズ×約5回で涙)した。ヒットルアーは真木「ZERO110・姫・夜光貝」と「SLV50・姫・夜光貝」などで、やはり夜光貝でのヒットが目立つ。ちなみにこの日の最大魚は、だるま石(中禅寺レギュレーションをクリアーし岸釣りフライマンの迷惑にならない沖合いのグッドポイント)で釣れたレイクトラウト=60cmで、ヒットルアーはかつてメーターレイクが喰いついた名器「真木SLV120姫」のバルサ・夜光貝バージョンだ。やはり大きいルアーにはでかい魚がきます。

 レーク岡甚食堂で琵琶湖アタックのT氏を交えしばしの情勢交換ランチタイムの後、天気は悪天候釣師の小生にピッタリの雨(しかも大粒)となった。愛車での小休止もそこそこに午後の部に出船し国道往復後、16時頃のドシャブリが納まった夕刻、「バッセル・フェザーブレード・赤金プロト・8.8g」で59センチのナイスレイクがフランス沖でヒット&ゲットした。これまで流し続けたミノーから満を持して切り替えたバッセルでのイキナリのヒット&ゲットで、流石バッセル、恐るべし!でといったところである。
 その後も湖面コンディションは最高に良い感じで、今にも深淵のカケアガリから特大魚が飛び出してきそうな雰囲気満点だったが、翌月曜日の仕事のため断腸の思いで17時に納竿した帰路についた。次回は時間に余裕をもってさらにデカイの狙います(笑) 

 
今日のルアー いけす