Fishing Reports in Great Slave Lake

Trip 1 Great Slave Lakeへ到着
日本、バンクーバーから塩谷、奥、松田がカナダアルバータ州エドモントンへ到着。翌日、向かうはカナダ北部のグレートスレーブレイク。
オーロラで有名なイエローナイフを経由して水上飛行機でようやくロッジに
到着した。
Trip 2 初日  
初めてのフィッシング。まずはショアランチで歓迎を受けた。
本当はすぐにでも釣りを始めたいところ。しかしこれがリゾートフィッシング
スタイルだ。昼食を終えていよいよ釣り開始。手付かずの自然とその広大さゆえに危険も多い。ガイドにアドバイスを受けながらポイント探しからスタートする。

Trip 3   カクテルパーティー
初日の夜はロッジ主催のカクテルパーティーがあった。このパーティーはロッジスタッフやゲストと知り合える良い機会となった。

Trip 4
   2日目
早朝5時からフィッシングスタートでいきなり塩谷選手のロッドが絞り込まれる!メーターレイクか?!
広大ゆえにポイント移動に時間がかかる。30hpエンジンのボートで片道1時間は普通だ。 日本では経験出来ないノーザンパイクに挑戦。獰猛なパイクを仕留めることはできるか?

Trip 5
  July 10 2004    3日目
いよいよ後半戦に突入。まだ見ぬ40パウンドLAKER(レイクトラウト)をターゲットに釣行開始。どこまでもWILDなグレートスレーブレイク、今日は野生の黒熊に遭遇。

Trip 6  最終日
最終日。3泊4日はやっぱりとても短かった。でも思い切り大自然を堪能でき、一生忘れられない釣行となりました。